ビジネスフォンについて

株式会社の設立とビジネスフォンについて


株式会社を設立する時には多くの経営者が自分の会社を大きくすることを夢見ています。

もしも大きくするという野望があるのでなければ、合同会社など他にいくらでも設立や運営が楽な会社組織があるのですからわざわざお金のかかる株式会社の形を取るというのは、それだけ会社を大きくしていきたいという気持ちがあるからであると受け取ることが出来ます。

実際、株式会社は広く投資を募って事業資金を集めるのには最適な会社の形ではあります。株式市場に上場すればその業績の動向によって大きなメリットを得ることが出来るでしょう。この点に関しては株式会社よりも良い組織というものは存在しません。
しかし会社が大きくなるとどうしてもそれに見合った設備というものが必要になります。

例えば電話設備一つとってみても家庭用の電話設備では不十分という日が必ずやってきます。従業員を多数抱えるようになれば複数の部屋に分かれて業務をこなさなければならなくなることも珍しくはありません。そうなれば必要になってくるのは内線機能です。

この内線機能というのは多くの企業が導入していることから非常に一般的な機能におんわれがちですが、これはビジネスフォンと呼ばれる業務用の電話システムの搭載されている機能なのです。

このビジネスフォンというのは大きな会社になれば必然的に重要なツールになってきます。特にサービス業を行う場合には常に複数回線で対応しなければならないというケースが発生しますが、その様な場合に複数の電話回線を共同で利用し、効率的に電話対応を行うためには特別な環境設定が必要になります。

この様な業務用の電話機というのは家庭用の電話機とは異なり、主装置と呼ばれる中央制御装置が存在しています。この主装置に電話機を接続することで電話回線を複雑に機能させる社内電話ネットワークを構築することが出来るのです。
このシステムは非常に高価なものであり、30~50台規模の中規模事務所向けの電話システムで数百万円が必要になるケースがあります。この様なシステムを必要なインフラとして導入するためにはそれ相応の効率化が求められます。

つまりその電話システムを導入した方が経済的であるという結論が出せる何かしらの要素が必要なのです。株式会社となれば徐々に事業拡大を行うことになりますので、組織が大きくなるに従って移転をすることがあります。その様なタイミングがビジネスフォン導入の最適なタイミングになるのです。